日経225ミニ(mini)の限月

日経225ミニ(mini)の限月


日経225の限月は、取引期限の月のことです。
さらに詳しく言うと、契約の履行を行う最終期限のことです。
これは、株式など現物取引にはなく、先物取引に限って設定されています。


3月限、6月限、9月限、12月限、翌年の3月限があります。
日経225では常にこの5つの限月のものが取引されています。
しかし、ミニに関しては一番近い2つの限月のものだけが取引できることになっています。

現時点で最も短い限月のものが終了すると、
今度は一番期限が長い限月の取引が始まるという仕組みになっています。

日経225の限月はどれを選んで取引しても良いのですが、
一番期限が短いもので取引する人が多いです。
これは取引の流動性が最も高いからです。

満期日は日経225の限月の第2金曜日とされています。
このときに、特別清算指数、略してSQというものが算出されます。
これは、日経225に選出されている各銘柄の寄付値に基づいて出されるものです。
SQによって、まだ決済がなされていない建玉も清算がなされます。

取引は、日経225の限月の満期日の前日まで可能となっています。
SQが算出される日のことをSQ算出日またはSQ日としています。

期近と呼ばれる一番期限が近い限月のものが一番取引数が多いのですが、
SQ日が近くなると次の日経225の限月の取引高が増えていきます。
また、株価指数先物オプションや株価指数先物を絡めた買いや売りが増えていきます。
SQによって今後の相場を予想できるため投資家に注目されています。


日経225ミニ証券会社の口座開設をどこにしよう・・・と迷ったらココ!