日経225ミニ(mini)のレバレッジ

日経225ミニ(mini)のレバレッジ


日経225ミニのレバレッジとはてこの原理のように少額の投資金で大きな資金を運用できるものです。
例えば、100万円を超えるような取引を行う場合でも、5、6万円の資金を用意すれば投資が可能です。

例えば、5万円の証拠金を預けたとします。
このとき日経平均株価が10,000円の場合、最小取引単位は100倍なので100万円となります。
日経225ミニのレバレッジがこの場合ですと20倍となります。
要するに、5万円で100万円の運用が可能ということになるのです。

日経平均株価が1000円上がると、その100倍の10万円の利益を得ることができます。
このように、日経225ミニのレバレッジによって少額で大きな利益を得ることができるのです。
自分が持っている資金よりもはるかに大きな金額を運用することができるので、
大きな投資効果を期待することができます。

しかし、少額で大きな利益が得られるというだけではなく、
日経225ミニのレバレッジによって少額の投資で大きな損失を被る場合もあります。

株式の取引は自分の持っている資金より大きな取引は不可能なので、借金はできません。
しかし、日経225ミニのレバレッジをきかせた取引を行うことで、
損失の金額にもよりますが借金ができてしまうことがあるので注意が必要です。

最小取引単位である1枚に対して、大きな資金を用意することでレバレッジが小さくなるため
このようなリスクを防ぐことができます。