日経225ミニ(mini)の追証

日経225ミニ(mini)の追証


日経225ミニの追証というのは、証拠金が設定以下の金額になると発生するものです。
投資は必ずしも利益を出すことができるものではなく、損失を出してしまうこともあります。
損失によって、預けた証拠金が減ってしまいます。

必要証拠金の金額というものが定められていますので、
それを割り込むと日経225ミニの追証をしなければなりません。
必要証拠金に足りない金額を追加して入金することです。

例えば、必要証拠金が60万円の場合、最初に100万円を証拠金として入金したとしても
50万円の損失を出せば必要証拠金の金額を割り込んでしまいます。
ですから、必要証拠金までの不足分の10万円を追加で入金します。
これが日経225ミニの追証です。

しかしこれは投資のための資金を追加するという意味合いではなく、
取引を続行させるための担保金を補充するというものです。

日経225ミニの追証をしなければならないような取引の仕方はお勧めできません。
資金に余裕を持っていればこのようなことは起こりません。
確かに少ない証拠金で大きな取引をすることができるのが魅力ですが、
証拠金全額を使って投資を行うというのは資金の管理が上手にできていないと考えられます。

必要証拠金よりも口座の資金はかなり多めに入れておくことが
日経225ミニの追証に引っかからないための対策です。
このような対策を採ることで、投資を継続的に行えるようになります。
ちなみに追証は毎日計算されます。


日経225ミニ証券会社の口座開設をどこにしよう・・・と迷ったらココ!