日経225ミニ(mini)のリスク

日経225ミニ(mini)のリスク


日経225ミニのリスクは、預貯金と異なり利益が保証されていないという点にあります。
相場は常に変動していますし、急激な変動が起こることによって
大きな損失を出してしまうことがあります。

日経225ミニのリスクは、損失の額が証拠金を上回ることがある点にあります。
日経平均株価と価格は連動して動いていますので、
これによって生じる損失が証拠金よりも大きくなることがあります。

証拠金により小さな資金で大きな取引をすることができるという特徴があります。
証拠金の数十倍の金額に相当する取引が可能で利益も大きくなります。

これをレバレッジと呼んでいますが、日経225ミニのリスクは
利益が大きくなる分損失も大きくなるということです。
ハイリスクハイリターンの投資だといわれるのはこのためです。

損失が証拠金を上回る可能性があることが日経225ミニのリスクですが、
その場合追加で証拠金を入金しなければならなくなります。
証拠金の追加での差し入れをすることができなければ、
その場で取引がストップして建玉の強制決済が行われます。

証拠金が不足してから翌日の正午までに入金しないといけないことが、
各証券会社によって定められています。

また、市場の需要によって価格が決まるために、
相場が大きく動き需要が偏ると予想に反して損失を出す可能性があることも
日経225ミニのリスクだといえます。

これらの日経225ミニのリスクをあらかじめ知っておき、検討した上で取引を行う必要があります。

日経225ミニ証券会社の口座開設をどこにしよう・・・と迷ったらココ!