日経225ミニ(mini)とは

日経225ミニ(mini)とは



日経平均ミニの解説の前に、日経平均株価について少し触れておきたいと思います。

毎日のようにニュースで株価を発表されるので、
日経平均株価を知らない人はいないと思います。

この日経平均株価ですが、名称からもわかるように、
日本経済新聞社が独白に銘柄を選定してるというのはご存じですか?

日経平均は、民間の一企業が算出している経済指標でありながら
日本でもさらには世界でも注目される代表的な指数なのです。

日経平均は、東京証券取引所(以下、東証)の第一部に上場している
約1700も ある銘柄のうち、製造、金融、小売、サービスなど各業種から
225銘柄を選定して、株価平均型と呼ばれる方式に修正を加えて計算されています。


日経225ミニはその日経225を対象とした先物取引の一種です。
先物取引とは、これから先に存在する商品を決められた日に
現在取り決めた価格で取引するものです。

つまり、何かを予約して取引することと似ています。

例えば、ある商品が10000円だったとします。
これを、決められた日に10000円で購入する予約をします。
その決められた日に、その商品が12000円になっていたとします。
既に10000円で購入する予約をしているのですから、
10000円で12000円のものが購入できることによって2000円得するということになります。

ただし、その逆もありえるわけで、予約した価格よりも決められた日における価格が下がっている場合には損をすることになります。
日経225ミニとはこのような取引です。

ただし、具体的な商品ではなく日経平均株価指数を売買します。
日経225ミニとは最低取引単位の倍率が日経平均の100倍のものです。
一方日経225ラージでは1000倍となります。

日経225ミニとは、日経平均が1000円上がると最低取引単位が100倍なので、
100,000円の利益が出ます。
しかし、投資資金はそれほ必要としません。

証拠金取引になりますので、日経平均が10000円なら
およそ4〜6万円の証拠金で取引が可能となります。
元手をそれほどかけることなく、大きな取引ができるシステムになっています。

また、日経225ミニとは5円刻みで相場が変動するものです。
一方日経225ラージは10円単位での注文を行うものです。

日経225先物に比べ、少ない資金で取引ができ、手数料も格安です。


日経225ミニ証券会社の口座開設をどこにしよう・・・と迷ったらココ!