日経225ミニ(mini)の証拠金・SPAN

日経225ミニ(mini)の証拠金・SPAN


日経225ミニの証拠金はSPANという制度によって取引を行うことが可能です。
先物取引では損失が起こる場合がありますが、
決済をするための保証金のような役割を果たすものとして証拠金を預けておきます。

必要証拠金はSPANRというものによって計算された金額を基に、
各証券会社によって決められています。

日経225ミニの証拠金のSPANの制度によって各証券会社が必要証拠金と定められた金額を、
投資家が入金する必要があります。

スパンというもは、持っている建玉がどれくらいのリスクがあるかということによって計算されます。
必要とされる証拠金は、SPANの1〜1.3倍に設定している証券会社が多数あります。

日経225ミニの証拠金のSPANの1倍に必要証拠金を設定している証券会社では、
証拠金に定められている金額を入金することによって取引が可能です。
ただし、証拠金と同じくらいの金額の取引をして損失を出した場合、
必要証拠金を下回りますので入金がまた必要となります。

日経225ミニの証拠金のSPANに基づく必要証拠金の金額は、
過去数十日の中で最も大きな動きがあった日を基準として算出されます。
大きく日経平均が動いた日があった場合は、必要証拠金の金額は引き上げられます。
そして、その引き上げ幅に関して制限はありません。

日経225ミニの証拠金のSPAN制度による必要証拠金は、
基準額に変更があればたとえ既存の取引のみで新しく取引を始めない場合においても、
変更後の金額が必要となります。


日経225ミニ証券会社の口座開設をどこにしよう・・・と迷ったらココ!