日経225ミニ(mini)の最小単位

日経225ミニ(mini)の最小単位


日経225ミニの取引最小単位は、日経平均株価の100倍です。
例えば、日経平均株価が10,000円の場合、日経225ミニの取引最小単位は100万円となります。
日経225ミニの取引最小単位は1枚という呼び方をするので、この場合だと1枚100万円になります。

日経平均株価は日々変動しています。相場が100円上がった場合には、
10,000円の利益が出ることになります。
高く売り安く買う、安く買い高く売る、という二つの方法で利益を上げるのがこの取引のシステムです。

日経225ミニの取引最小単位は日経平均株価の100倍ですが、
それだけの資金を必要とするわけではありません。
100万円を用意しなくても、数万円から取引を行うことができます。

これは、証拠金取引によってレバレッジをきかせることができるからです。
少ない資金で大きな利益を出すことができるのが、この投資の魅力でもあります。

証拠金の金額は毎週大阪証券取引所にて決定されたものを基に証券会社が決めますので、
一定ではありません。毎週変わることもあります。

日経225ミニの取引最小単位は日経平均株価の100倍となっていますが、
ラージの取引最小単位は日経平均株価の1000倍となっています。

つまり、ラージに比べて10分の1の取引最小単位なので、より手軽に取引ができるようになっています。
証拠金もラージの10分の1で済むからです。
つまり、より少額の資金で日経225の先物取引をすることができるということです。


日経225ミニ証券会社の口座開設をどこにしよう・・・と迷ったらココ!