日経225ミニ(mini)の税金

日経225ミニ(mini)の税金


日経225の税金は利益が出た場合にかかります。
投資に限らず、収入があった場合には税金はかかるものです。

しかし、日経225の税金は申告分離課税となっています。
これは、給与所得など他の所得と合算して算出されるわけではなく単独で計算されます。
ですから、会社勤めの方も安心して申告することができます。

日経225の税金は所得税と地方税がかかります。
所得税は15%、地方税は5%の税率となっています。
ですから合計20%の税金がかかるということになります。

分離課税ということは、給与所得などの他の所得と合算して
税金の金額を算出するわけではありませんので、複雑な計算をしなくても税金がすぐに算出されます。

FXや株式など他の投資によって得た利益に関しても、通算は行いません。
商品先物取引の売買損益との通算のみできるようになっています。

日経225先物で100万円の利益を出した場合には、納税額は20%の20万円となります。
同じ年に他の先物商品取引で50万円の損失を出した場合には、
100万円の利益から損失分の50万円を引いた金額、つまり50万円の20%である10万円が納税額となります。

しかし、同じ年に株式投資で50万円の損失を出したとしても通算できないため、
納税額は20万円となります。

日経225の税金を支払っても勤務先に通知が行くのは住民税に関してだけです。
日経225の税金を支払ったことを会社に通知されたくない場合には、
住民税を自分で振り込む形式にすれば良いのです。