日経225先物と現物株の比較表

日経225先物と現物株の比較表


日経平均先物はデリバティブと呼ばれる金融商品のひとつで、大阪証券取引所に上場しています。
個別株の現金取引とは異なり、一定資金(証拠金)を証券会社に預ければ、レバレッジをきかせて取引ができます。リクスも大きいため、商品の特徴をしっかり理解しておきましょう。

個別株の現金取引と異なる点を比較

日経平均先物 個別株の現金取引 
取引対象 決まった期日に特定の価格で日経平均株価を売買する契約  株式
決済方法 1回目の取引時(買付、売付)と2回目(決済)時の先物価格の差額を渡す(または受け取る)  株式を受け取り、株価と株数をかけた代金を渡す
取引期間 3月、6月、9月、12月の特定の日を最終取引日として、最長1年3ヵ月。  期限なし
レバレッジ 先物価格や証拠金の変動、証券会社によって異なりますが、だいたい14倍。  1倍

日経225ミニ証券会社の口座開設をどこにしよう・・・と迷ったらココ!